腰に負担がかからない起き上がり方

①横向きの状態で、膝を曲げたまま上側の手をベッドの上に置いて、膝を後方に引きます。

②体を丸めるようにして動かし、ベッドの淵までずらしていきます。淵までいったら足をゆっくり下ろします。

③足を下ろしながらゆっくり上半身を起こしていきます。この時両手はベッドについたままの状態でゆっくり起き上がります。

*注意:反動をつけて起き上がると腰や首に負担がかかるので気をつけてください。